スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月に寄りそう乙女の作法 レビュー

※ここから先はネタバレの地雷原ですので、

未プレイの方は撤退を!




私にとっては初めての女装潜入ものである作品。
体験版の段階ではとても面白く、ここまで時間を忘れてのめり込んだ作品は初めてでした!

ただそれが製品版でもそうかと聞かれると、やはり購入前は不安もありました。
この会話のテンポの良さを最後まで続けることができるのか、個別に入った瞬間にテキストがガラリと変わってしまうのではという複数ライター特有の問題が出てきてしまうのではないかと。

まあ実際どうだったのかは各√ごとに感想を挟んで説明していきたいと思います。





【 共通ルート 】

私は感激した

いや、大袈裟じゃなくて
何に感激したかって何と言ってもキャラクター同士のその会話のテンポの良さと、その面白さ!

登場キャラの一人一人が持っている個性をフル稼働させて、そしてできたテキストからさらに無駄な部分をそぎ落としたかのようなスマートなテキストのおかげで、ダレることの多い共通ルートがとても味のあるものに変化しています。
これは登場するキャラの個性がそれぞれ強いものだからこそ、このようなプレイする側の人間を飽きさせないテキストが書けるというのもあると思います。

さらにテキストの中には物語との矛盾を感じさせるようなボロもなく、気持ちよく読み進めることができました。


時間としては7時間くらいは掛かりましたかね(体験版での部分を除く)。

では次に各ヒロインの√を攻略した準に紹介していきたいと思います(・◇・)/。



【 花乃宮 瑞穂 】




根っからの男嫌いであり、彼女から見れば性別が男である人は全てが汚物。
そんな彼女は朝日のことがとてもお気に入りで、共通でも「あれ、いつの間に瑞穂√に入ってた?」と錯覚させるほどのスキンシップを見せてくる。
よって元が男性である主人公の性別がバレると非常にややこしいことになるであろうことが予測されていたヒロイン。というか、なりました。

りそなと二人で町を歩くシーンがあるのですが、
いくら妹と二人きりだからと言って服を男物に戻して、さらにウィッグまで外しちゃうなんてちょっと迂闊過ぎでしたね。

この後に絶対性別バレるだろと思っていたらものの見事に的中。

当然ショックを受けた瑞穂はしばらく立ち直れなくなるのですが、朝日と過ごした日々の思い出が性別の問題に勝り解決。良かった②

まあもともと朝日を友人という枠を超えそうな、というか超えた思いを持っていた瑞穂にとって性別の問題をどう切り抜けるかと言うのが最大の壁であり、それさえ乗り越えれば恋愛は成り立ってしまうので、√内でのそういった恋愛感情云々の葛藤はほとんど無いような感じでした。



ただ瑞穂もろとも北斗さんまでも攻略してしまいそうな雰囲気があったから、少し期待してしまいましたw
なにせ北斗さんがそれっぽい発言ばかりするからww。
繧、繝。繝シ繧ク00000248_convert_20121106234344




ストーリーもそれほど悪いとこもなく 盛り上がるところは盛り上がっていたし、普通に良かったと思いました。ポウッ!


【 ユルシュール(略) 】



女装ものの醍醐味である性別バレが個別ルートに入ってからあっという間に起こってしまうルート。

ですが性別という秘密を共有しているお陰なのか、お互いの距離が縮まるのも早く、根が甘えん坊なユルシュールはもう終始主人公にデレデレだったのでシュ~ル。
デレてるユルシュールを不覚にも可愛いと思ってしまった…くっ

だがやはりこの√でもお兄様がちゃっかり介入して来る訳で、主人公を色んな意味で窮地に追いやります。さすがラスボス。言ってることは変態だけどね(・∀・)!
 

繧、繝。繝シ繧ク00000265_convert_20121109232649



朝日をのため、そしてルナ様という天賦の才を持った友人に追いつきたくて、追い抜きたくて努力を重ねるユルシュールがフィリコレの舞台でルナ様に勝つところは演出も展開も良かった。
こういう勝負事で燃える展開は好き。
ただ負けてしまった直後のルナ様の描写がなかったところが気になる。
ルナ様の気丈なキャラを崩さないようにわざとその描写を削ったのかは分かりませんが、この時ルナ様はどうしていたんだろうか…

そして最後の最後まで主人公が性別を明かさないから、周りの皆からは同性愛に走っているようにしか見えないのも面白かったww
これ服飾学校を卒業するまでバラさないままで行くんだろうか、うーん気になる。



【 柳ヶ瀬 湊 】


繧、繝。繝シ繧ク00000235_convert_20121109233423


体験版の時点で既に正体バレという見せ場が無くなってしまっているので、どうやって山場を作るのか期待してたのですが、それが実家の経営悪化でその問題もそれほど掘り下げられる訳でもなかったと言うからちょっと拍子抜け。

他の√だったか必ず出てきていた依遠も出てこないし、いまいち盛り上がりに欠ける。

ただ最後の持って行き方で印象も少しは変わるかもと思い進めてみたら…

繧、繝。繝シ繧ク00000252_convert_20121109234646 


その結果がこれだよ!
なぜメイド喫茶ww朝日の抱いていた服飾の道がどんどん遠のいて行くー
いや、服飾の勉強の傍らでメイド喫茶をしているのだろうけど、これ思いっきりメイド喫茶の方を前面に出してきているせいで服飾の影がとても薄い。
主人公の抱える問題も解決してないし…この後でお兄様にこのお店ごと潰されるんですね、分かります。

もう七愛だけがこの√の清涼剤と言っても過言では無いのではないだろうか・・・

繧、繝。繝シ繧ク00000249_convert_20121109234220

ごめんなさい、劇薬の間違いでした。



【 桜小路 ルナ 】

繧、繝。繝シ繧ク00000228_convert_20121110120542



正真正銘グランドルートと言ってしまって障りない完成度。
私が白髪(銀髪含む)好きなのを差し引いても遜色ない出来だと言えると思います。

まず朝日の真っ直ぐな言動に恥ずかしさのあまりドギマギとしているルナ様がかわいい。

繧、繝。繝シ繧ク00000266_convert_20121111232601


そしてどのルートでも真摯にヒロインにぶつかっていく朝日ですが、このルートではその描写が一段と強く描かれています。それはルナ様に対する朝日の思いが、他のヒロイン以上に強いものであるからに違いない。

朝日の凄まじい献身っぷりにルナ様の正常な恋愛観がねじ曲がっていき最後には相手が女でも構わない、まさにレズレズしい展開になっていくのですがこれがまた凄い。

最初はレズっぽい展開になりそうでもルナ様の方から「不純な関係は認めない」といって突っぱねていたんだけども、その内にオランダでは同性同士での結婚が認められているとチラチラッと言ってみたり、人気のない場所に朝日を誘い込んでキスを迫ったりと、言ってることとやってることが違うんだけど、どういうことなの!

もうこれ女としての「小倉 朝日」に対して恋愛感情を抱いているのは明確ですよね。

これなら男バレしても大丈夫そうな気がする。いやむしろ男バレした方が周りから健全な恋としてすんなり受け入れられそうな気がする。

そんなことを考えていた私に止めの一言
繧、繝。繝シ繧ク00000241_convert_20121112095258


ドクン!

なんだよこれ、なんなんだよこれ…凄いドキドキするんだけども!

精神的にとてつもなく来るものがある。なんか落ち着かないんですけど!

こんな気持ち、初めてだ(動揺)。


そして遂にやってくる性別バレの時
衣遠の口から朝日が男だということを告げられたルナ様は「だからどうした」と兄の言葉を一蹴するのですが、この時のルナ様の寛大な心と、朝日との深い絆に感動してしまいました。

その後ルナ様としばらく離ればなれになるシーンがあるのですが、そこでの母親への手紙の演出は良かった。所々で演出が光りますね。

遂にフィリコレの舞台に上がった時のルナ様の演出も良くて、CGを駆使したアニメーションとその間に挟まれる回想とを繋げた演出にはただ凄いの一言。

そして結局兄はブラコンだったぇ
繧、繝。繝シ繧ク00000267_convert_20121112104356


最後の方がなんだか駆け足だったような気がしますが、他のルートとは明らかに一線を画した出来だったと思います。

何より朝日が救われるのがこのルートだけのため、より他のルートとの格差が大きく感じました。

ルナ様に一番期待をしていたので、内容が期待以上だったのはとても嬉しかったですね。


【 大蔵 衣遠 】


ヒロイン4人を攻略し終えても未解放のCG が二枚だけ残ってしまい、他にもルートがあるのか調べたらBAD エンドがあるらしいではないか

早速そのBAD エンドルートをやってみたらまさかの衣遠ルートww


というかこのルート、衣遠に会うまでの流れが酷すぎるw

入浴中に眠ってしまい、男の姿であるところを八

千代に見つかる


桜屋敷から追い出される

ホームレスに拾われる

衣遠に拾われる

男とバレた時の八千代さんのリアクションは面白かったなww


ここでは衣遠の遊星母に対する感情が少しだけ垣間見えるのですが、ここを見るとどうしても衣遠が遊星母に悪いイメージを持っているようには見えず、むしろその逆なのではないかと感じました。
ここでの衣遠の内心はとても気になる…事実はFD までお預けか。



【 総評 】
結果的には
ルナ様>>(主従の壁)>>ユルシュール>瑞穂>衣遠>>>湊 といった感じでしたね。

それでは総合点の方をいざ!


シナリオ 18/20

テキスト 19/20

キャラクター 18/20

音楽 15/20

演出 18/20


総合点 88/100〖A〗 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング

FC2カウンター

プロフィール

紺冬

Author:紺冬
[自己紹介]
昔はBクーヘンという名前でしたが、ブログ再開を機にツイッターアカウントに合わせて紺冬に改名。

杏子御津さんと北見六花さんが好き。

最近はeufonius、ケルト系音楽にはまってたりするらしい。

クロスクオリア
【ひとりのクオリア】【ふたりのクオリア】【クロスクオリアセット】2014年7月25日発売予定!
晴れのちきっと菜の花びより
『晴のちきっと菜の花びより』応援中です!
アストラエアの白き永遠
アストラエアの白き永遠 応援中!!
蒼の彼方のフォーリズム
『蒼の彼方のフォーリズム』 応援バナー spr002_bn20
つぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メーカーリンク
favorite
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。